ルナメアACでインナードライが治る?

ルナメアACでインナードライを改善できる魅力とは?

 

インナードライと呼ばれる肌質が今どきどうしても増えてます。

 

母親の8割がこのインナードライ状態であることも
いわれています。

 

 

では一体どのような状態のことをいうのか?

 

 

簡単に言うとお表皮はべたついてるが表皮内輪は乾燥してしまってる状態のことです。

 

 

自分では脂性表皮だと思ってたけど実は乾燥肌だった勘違いしてしまう
やっかいな肌質なんですね。

 

 

インナードライは悪化しやすい?

 

お見た目がべたついてるということは油分である皮脂が多く存在していることになります。

 

そのためほとんどの方が皮脂対策をすると思うんです。

 

 

しかし実際はお表皮内輪は乾燥しているのにいつまでも皮脂対策をしても
改善されることはありません。

 

 

過剰なシャンプーは余計に潤い欠落を促進させる結果になってしまい
全くの逆インパクトになるんです。

 

 

インナードライの原因は?

 

お表皮が乾燥していると潤いの蒸発を防ぐために
皮脂を分泌してそれを防ごうとはたらくんです。

 

 

分泌した皮脂が見た目に残りお表皮の潤い蒸発を防ごうとするために

 

お表皮がてかりべたついて仕舞う事になるんです。

 

 

でも実際は内輪はカサカサ現状なんですね。

 

 

ルナメアACがインナードライ状態に最適な理由は?

 

誘因が分かれば計画はいとも簡単ですよね。

 

インナードライの前進産物は保湿です。

 

 

皮脂対策でなく潤いを行うことでインナードライは改善されます。

 

 

インナードライだとニキビが発生しやすいんです。

 

ルナメアACは大きい普及性を有しますので確実な保湿が期待できます。

 

 

富士フイルムの独自のコツによるアクネシューターがそれを可能にしています。

 

 

もちろん皮脂対策でも非常にすぐれたファイバー形と呼ばれるシャンプーチャージを
消耗しまうので

 

 

皮脂計画、潤いが効率的に行える支援タイプなんですね。

 

 

お表皮内部のドライがプロテクトできれば皮脂の過大分泌の厳禁に達するため

 

様態の相応しい肌質に近付けることができるんです^^

 

 

まずは自分の肌質がどの疾患に当たるのか理解することから始めてみましょう。